カンボジア語(クメール語)を通じ一つのコミュニティづくり

カンボジア語(クメール語)教室

カンボジアでビジネスをしている人、これから計画がある人、ボランティアとして現地で頑張っている人、日本で活動している人など現在個々に動かれている方がほとんどだと思います。日本とカンボジアと繋がりがあるにも関わらず、なかなかそういった方々が集まる場所がないというのも現状です。そこで、今回カンボジア語教室を始めました。カンボジア語(クメール語)の勉強を最初の入り口にし、勉強からビジネス・ボランティア活動等の情報交換できる場所としてしています。
同時に様々なイベントも実施していくことを目的としています。 その中で皆が一つになればもっと良いものが生まれていくと確信しております。もちろん個人の方々も大歓迎です。



カンボジアへの進出をご計画の企業の皆様へ

カンボジア視察ツアー

『カンボジア進出に興味があるし、進出も考えたいのだが・・・、まだ、行ったことがない。』 カンボジア進出・展開を考えている企業様のツボを抑えた視察ツアーをご用意しております。 カンボジア進出の第一歩、カンボジア政府要人とのセッション、検討に役立つ工業団地、流通業等の視察を通じて、現状理解ができるシーンを体験できる視察ツアーとなっています。

pic001

カンボジア市場調査

『自社製品を、カンボジアで売れるかどうか・・・』『進出前に、様々な現地ならではの情報がほしい・・・』などの声を経営者の皆様からよく耳にします。どうぞ、ご安心ください。WILLONEは、カンボジア進出を検討されている企業様のニーズに基づいた市場調査を現地専門のスタッフが実施・アドバイスを致します。お気軽にご相談ください。

カンボジアでの会社設立

『カンボジアでの会社設立の流れや必要事項がわからない。クメール語そのものがわからない』は自然なことです。どうぞ、ご安心ください。WILLONEは、申請手続き・優遇制度、投資規制など、現地の法制度、ライセンス制度に精通したスタッフがわかりやすくサポート致します。 また、会社設立の手続き的なことだけでなく、工業用地取得および工場建設に関する諸問題、また、オフィス賃貸などの諸手続きなど、現地の制度を熟知したスタッフがサポート致します。

IT環境のサポート

日本では当然と思っているIT環境も、外国、特に発展途上国に行くとなると、さらに不安になります。発展途上国では、OA機器・ネットワーク環境も国内と大きく異なります。でも、どうぞご安心ください。WILLONEは、OA機器、IT・インフラ設備等の専門家と組み、国内で蓄積してきたノウハウを海外でもご提供できるように努めて参りました。皆様が現地で安心してご利用いただけるサポートを致します。



カンボジアへのビジネス展開をサポート

カンボジアへのビジネス展開を支援

WILLONEは、カンボジア政府並びに経済会のリレーションを利用したトップダウンの営業が可能です。その為、市場へのクイックな展開支援が可能です。

カンボジアでのリスクシェア

お客様に最大限の成果を上げて頂くために、WILLONEのリソースを最大限に活用します。そして、WILLONEもビジネスの一端を担い、1社1社に対してきめ細かな高いサービスを提供することで、ビジネスを成功に導きます。

カンボジア進出をバックアップ

Made in JapanのIT・通信・土木・建築などのハブ化を確立し、日本企業のカンボジアでの活動を支援することで、両国の友好の懸け橋になりたいと考えています。